眠いときはダメ

ニュースに疎い主婦の生活 > おもしろ > 眠いときはダメ

眠いときはダメ

2014年8月11日(月曜日) テーマ:おもしろ

ノートパソコンの前で上下動している為替相場を見ているとすぐに注文をする衝動が沸き起こる事も多いと思います。

 

でも、不確かな勘で売買することだけは、断じてしてはいけません。

 

知っての通り、外国為替市場は四六時中休みなく為替市場がやっているしマーケットもどういう時でも、上がったり下がったりします。

しかし、だからといって売り買いを積み重ねると、それだけ損失を被る確率が上がります。

当然、取引の数を積む事で結果的に勝つ確率が半々になっていきます。

けれどもそれは「なんとなく感覚で売買」することとは話が違います。

 

売買回数を積むとは、あなたが「ここは!」と感じた自信を持ったところでのエントリー回数を増やすという事を言っています。

 

ただ何となく、注文を繰り返すのとは大きく違う。

 

マーケットの駆け引きに立ち向かうためには自ら主体的にメリハリをつけることが不可欠です。

「ここで勝負」と感じたマーケットの時には迷わず所有ポジションを買い増して思い切り儲けを追求します。

 

「何となく悩ましい市場で、どう動くのか予想できないな」と感じたならば所持ポジションを全部諦めて何もしない。

このくらいのメリハリがあったほうか、エントリーは勝てます。

マーケットの格言には「休むも相場」というものがある。

文字通りその通り。

 

取引とは、いかなる時でも売買ポジションを保有する事がすべてではなく、何も保有せず静観していることも場面によっては、必要です。

 

そうであるならば、どういった時に休むべきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述の通り、現在の市場がはっきりと分からない時です。

 

どうなるのか決める事が出来ない時は、ヘタに動くと、あなたの考えた物語とは異なった方向に相場が変化してしまい損失を被ることになる。

 

そのため、こんな状況ではポジションを閉じそのまま何もぜずに静観しているのが良い方法です。

次に、自身の体調がすぐれない時。

 

健康状態とマーケットに関係しないと思う人もいるでしょうが考えている以上に関係あります。

体の調子が変な時は為替相場の判断しなければいけない場面で必要な判断が出来ない場合があります。

http://komayuu.seesaa.net/

関心がわかない時は、取引から遠ざかる事も大事な事です。

 



関連記事

休憩にはやっぱり漫画

休憩にはやっぱり漫画

2014年11月27日(木曜日)

弟のバイオレンスな恋模様

弟のバイオレンスな恋模様

2014年8月26日(火曜日)

眠いときはダメ

眠いときはダメ

2014年8月11日(月曜日)

簡単には判断できないこと

簡単には判断できないこと

2014年8月 7日(木曜日)